クレジットカードとデビットカードの違い

商品を購入する際に使用するクレジットカードは、信用で商品を購入するという仕組みとなっています。商品を購入した時点では、クレジットカード会社が料金を代わりに支払う形となり、後に請求書がカード会社から届けられることになります。

信用で商品を購入するので、カードを発行する為には審査が必要となります。過去にトラブルがあった場合には、マイナス評価がなされることになり、信用情報として記録される事となります。

信用情報機関に記録されている間は、ブラック期間とも呼ばれており、新しくクレジットカードを発行する事は出来ません。このような場合でも発行する事が出来る商品を購入する為のカードが用意されています。デビットカードは、基本的には無審査で発行される商品購入の際に利用する事が出来るカードです。

デビットカードを発行する事が出来る条件は、銀行口座を保有しているという事のみとなっています。使用方法は、一般的なクレジットカードと同様ですが、支払いの方法と時期に違いがあります。

デビットカードの場合は、商品購入時に保有している銀行口座から即時引き落としが行われます。この為に商品を購入する事が出来るのは、口座に入金されている金額の範囲内という事になります。
[PR]

# by fr4rdertt | 2013-05-11 15:58

クレジットカードの明細書について

今ではクレジットカードの明細書もweb化されているのです。どういうことかと言いますと、以前ですとクレジットカードの明細書は「紙」でしか受け取ることができませんでした。しかし最近では、電子化された明細書をインターネット上でも確認することができるようになったのです。

もちろん、自分専用のページのみで明細を閲覧することができる設定になっていますので、他人に見られることはありません。ですから、家計の管理がしやすい上に、「何月あたりの何々の支払い」について調べたいときなどでも、すぐに検索することができますので、大変管理がしやすいのです。

この「web明細」は非常に好評で、瞬く間に需要を伸ばし、今ではほとんどのクレジットカード会社が「web明細」サービスをおこなっていると言っても過言ではないほどでしょう。とはいえ、「web明細」の利用と同時に、従来通り「紙」の明細を受け取ることも可能としているクレジットカード会社がほとんどですから、その選択は会員自身がおこなえるのです。

とはいえ最近では、「紙」による明細を廃止して、「web明細」一本化をはかる会社も増えて、「web明細」のみへの切り替えをおこなった会員を対象にプレゼントキャンペーンを展開しているところもあるほどです。
[PR]

# by fr4rdertt | 2013-04-19 20:15

クレジットカードのビジネスカードについて

クレジットカードというと個人が買い物をするためのものをするときの決済手段として用いるために作られたものですが、個人向けのクレジットカードではなくて法人向けのクレジットカードもあります。これをビジネスカードと呼びます。
会社を経営している場合であっても、クレジットカードで決済したほうが良い場合が多いでしょう。会社で購入するものは非常に多くありますから、ポイントをためるのにも適しています。

また、経理処理も楽になるというメリットがあります。カード会社から明細書が届きますから、いつ何を買ったのかがすぐに分かりますし、現金の入出金を伴いませんから、経理処理は楽になります。あとからまとめて処理ができるという点では優れていると言えるでしょう。ですから、ビジネスカードを用いるメリットは大きいのです。

ただ、請求が遅いというデメリットもあります。購入した月の月末で締めて、そして翌月に請求されるのが一般的です。通常はそれでも構わない場合が多いですが、決算をまたいだときには処理が遅くなると言うデメリットがあります。

とは言っても、最近では経理処理をコンピュータが行ってくれますから、実際にはそれほど面倒な手続きではありません。
[PR]

# by fr4rdertt | 2013-04-10 15:59

クレジットカードの上手な使い方

クレジットカードの上手な使い方を紹介します。まず、クレジットカードはキャッシングなどと大きく異なる点は特典にあります。

カード会社によってポイントを貯めることが出来たり、キャンペーンとして無料応募でプレゼントを狙えたりと、様々な特典内容があります。この特典があるかどうか、または特典内容が豊富かどうかによって、同じクレジットカードでもメリットはかなり変わってくるので、申し込みをするときは金利や限度額を比較するように、特典についても内容を比べてみると良いです。

この特典があると、ショッピングとしてクレジットカードを使うだけでポイントが貯まったりするので、普通にカード払いをするよりもお得です。上手な使い方として、この特典に重点を置くほどメリットは大きくなります。もう一つ上手な使い方として、これはとても基本的なことですが、クレジットカードを使ったときは、なるべく早く完済してしまうと良いです。

そうすれば、金利は軽くなる上に再び利用枠を空けることができます。こうしてまた買い物などでカードを使うことでポイントを貯めることもできます。早く完済して損をすることは何もなく、早く完済するほどメリットは大きくなるのです。
[PR]

# by fr4rdertt | 2013-04-08 00:59